あなたは誰と恋をする?~福福大吉いおとわせー~3年生の巻

福福大吉いおとわせーとは▷▷
関西ジャニーズJr.に所属する福井宏志朗くん、福本大晴くん、大谷怜爾くん、吉岡廉くん、吉野伊織くん、毛利柊和くん、石澤晴太郎くんの7人のことを指す。先日行われた春松竹でも大幅に出番を増やし、関西の次世代として注目している人も多いはず。

今年はそんな福福大吉いおとわせーが唯一全員高校生であると言うアニバーサリーイヤー!!!\fuuuuuu/

乙ゲーもビックリの狙ったかのような年齢とキャラクターのバランス。
7人が揃った学校に入学するしかないでしょ?!

今から私は高校2年生。あなたも高校2年生。あなたも私も高校2年生。

大事なことなのでもう一度私たちは高校2年生。

まずは3年生の3人。この3人が揃ってたら間違いなくF4的な呼び方する。

福井宏志朗くん▷▷

  • 文化祭実行委員長の福井先輩
  • 高校3年生とは思えないフェロモン
  • エロい。兎に角エロい。
  • あまりのフェロモンに実は裸なんかな?って思うけどめっちゃしっかり制服着てる。なんなら校則通りお手本の着こなし。真面目か。
  • 騒ぎすぎるのが好きじゃない先輩はイケイケパリピ系が五月蠅くするとしっかり注意。楽しく、厳しく、メリハリしっかりの素敵委員長。
  • 1人で看板を作ってる私の所に突然やってくる福井先輩
  • 「手伝うよ」ってぽわっと笑う福井先輩
  • 先輩委員長やし忙しいから大丈夫です!って言うんやけど
  • 「○○ちゃん頑張ってくれてるよな。助かってる。けど頑張りすぎやって!手伝わせて?」ってお顔を真っ赤にして言うからずるい。
  • 私のこと見てくれてるんや。って自惚れたい。いや、委員長やから全体見てるだけや。
  • 一生懸命ペンキ塗ってる横顔が綺麗すぎて見とれてしまう
  • ほっぺにペンキがついてるのはマスト
  • 終わる頃には外はもう真っ暗になっててお家まで送ってくれる福井先輩
  • 文化祭が無事終わって校庭でマイムマイムとか踊ってる時に告白されたい
  • 「僕とお付き合いお願いします」
  • はい!喜んでーーーーー!!!!


大谷怜爾くん▷▷

  • サッカー部の3年生大谷先輩
  • 言い忘れてましたけど私たちはサッカー部のマネージャーです。
  • ミステリアスで何を考えてるか分からないけど笑顔が可愛いと噂
  • 真面目そうに見えて髪はしっかりセット、シャツはズボンから出てる。なのにお顔が爽やかだからチャラく見えない勝ち組
  • 何かよく分からんけど猫がめっちゃ寄ってくる。
  • 一部で「マタタビ先輩」って呼ばれてる。
  • 生物の垣根を越える大谷先輩の魅力。限界などない。
  • 部活終わりに片付けしてると「水族館行こ」ってサラッと言ってくるから心臓に悪い。
  • 私とって言うより大谷先輩のことだからただ単に水族館行きたかっただけなんだろうなぁ。
  • ずーーーとクラゲの水槽を見てる大谷先輩をずーーーと見てる私
  • 「大谷先輩ってペンギンっぽいですよね~」
  • 帰り道で「はいこれ」ってペンギンのキーホルダー
  • 私が大谷先輩っぽいって言ったからかな?それをプレゼントするって何か意味があるのかな?って1人ぐるぐる
  • 決定的なサインを全く出してこないから何も出来ないままきっと卒業してしまう。
  • 大谷先輩行かないで~~大学生にならないで~~~


吉岡廉くん▷▷

  • 夏休み小遣い稼ぎで始めたライブハウスのバイトで出会います。
  • リハーサルしているバンドをぼーっと見ていたら「あれ?吉岡先輩??」
  • ベーシストRhen!!!!!!!!!!!!
  • ただでさえ大人っぽいのに大学生のメンバーと一緒にいる吉岡先輩は遠い存在やなぁって。
  • 本番中もコッソリ見ちゃう。(仕事しろ)
  • 客席を見ると熱い視線をおくる女の子達がいて人気なんやなぁってなんだか悲しくなる。なんでやろ。
  • ライブ終わり片付けを手伝っていると「あれ?○○ちゃん?」
  • えーーーーー何で名前知ってるの??好きになっちゃうーーー
  • それからは先輩のバンドに合わせてシフト組むし、仕事せずに見ちゃう。目があった気がしてドキドキする。
  • 「今日も見てたやろ??何か恥ずかしいわ。コード間違えそうになったやん(笑)」
  • えーーーー勘違いじゃなかった!!目、合ってた!!!「今日も」って前から気付いてたん?えーーー好きになっちゃうーーー
  • 少しずつ話すようになって同じバンドが好きなことが発覚。一緒にライブに行くことになる。
  • 生まれてきてよかった。お父さん、お母さんありがとう。
  • レザーのパンツで現れる吉岡先輩にノックアウト
  • 「れん~久しぶりじゃん♡」って声をかけてくる綺麗なお姉さん達に圧倒されるわたし。
  • 明らかに元気が無くなった私を見て「姉ちゃんの友達やねん。ごめんな~」って笑うから。
  • お姉ちゃんがいないことを知るのはもっと先のお話。
  • 吉岡先輩からlineで告白されて付き合うことになるけれど見え隠れする嘘に悩みまくる。
  • 大学生になったら何処かへ消えてしまいそうで大学生にならないで~~Part2


楽しくなっちゃって長くなったので残りの4人はまた次回~
あぁ高校2年生になりた~い!!