読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは誰と恋をする?~福福大吉いおとわせー~3年生の巻

福福大吉いおとわせーとは▷▷
関西ジャニーズJr.に所属する福井宏志朗くん、福本大晴くん、大谷怜爾くん、吉岡廉くん、吉野伊織くん、毛利柊和くん、石澤晴太郎くんの7人のことを指す。先日行われた春松竹でも大幅に出番を増やし、関西の次世代として注目している人も多いはず。

今年はそんな福福大吉いおとわせーが唯一全員高校生であると言うアニバーサリーイヤー!!!\fuuuuuu/

乙ゲーもビックリの狙ったかのような年齢とキャラクターのバランス。
7人が揃った学校に入学するしかないでしょ?!

今から私は高校2年生。あなたも高校2年生。あなたも私も高校2年生。

大事なことなのでもう一度私たちは高校2年生。

まずは3年生の3人。この3人が揃ってたら間違いなくF4的な呼び方する。

福井宏志朗くん▷▷

  • 文化祭実行委員長の福井先輩
  • 高校3年生とは思えないフェロモン
  • エロい。兎に角エロい。
  • あまりのフェロモンに実は裸なんかな?って思うけどめっちゃしっかり制服着てる。なんなら校則通りお手本の着こなし。真面目か。
  • 騒ぎすぎるのが好きじゃない先輩はイケイケパリピ系が五月蠅くするとしっかり注意。楽しく、厳しく、メリハリしっかりの素敵委員長。
  • 1人で看板を作ってる私の所に突然やってくる福井先輩
  • 「手伝うよ」ってぽわっと笑う福井先輩
  • 先輩委員長やし忙しいから大丈夫です!って言うんやけど
  • 「○○ちゃん頑張ってくれてるよな。助かってる。けど頑張りすぎやって!手伝わせて?」ってお顔を真っ赤にして言うからずるい。
  • 私のこと見てくれてるんや。って自惚れたい。いや、委員長やから全体見てるだけや。
  • 一生懸命ペンキ塗ってる横顔が綺麗すぎて見とれてしまう
  • ほっぺにペンキがついてるのはマスト
  • 終わる頃には外はもう真っ暗になっててお家まで送ってくれる福井先輩
  • 文化祭が無事終わって校庭でマイムマイムとか踊ってる時に告白されたい
  • 「僕とお付き合いお願いします」
  • はい!喜んでーーーーー!!!!


大谷怜爾くん▷▷

  • サッカー部の3年生大谷先輩
  • 言い忘れてましたけど私たちはサッカー部のマネージャーです。
  • ミステリアスで何を考えてるか分からないけど笑顔が可愛いと噂
  • 真面目そうに見えて髪はしっかりセット、シャツはズボンから出てる。なのにお顔が爽やかだからチャラく見えない勝ち組
  • 何かよく分からんけど猫がめっちゃ寄ってくる。
  • 一部で「マタタビ先輩」って呼ばれてる。
  • 生物の垣根を越える大谷先輩の魅力。限界などない。
  • 部活終わりに片付けしてると「水族館行こ」ってサラッと言ってくるから心臓に悪い。
  • 私とって言うより大谷先輩のことだからただ単に水族館行きたかっただけなんだろうなぁ。
  • ずーーーとクラゲの水槽を見てる大谷先輩をずーーーと見てる私
  • 「大谷先輩ってペンギンっぽいですよね~」
  • 帰り道で「はいこれ」ってペンギンのキーホルダー
  • 私が大谷先輩っぽいって言ったからかな?それをプレゼントするって何か意味があるのかな?って1人ぐるぐる
  • 決定的なサインを全く出してこないから何も出来ないままきっと卒業してしまう。
  • 大谷先輩行かないで~~大学生にならないで~~~


吉岡廉くん▷▷

  • 夏休み小遣い稼ぎで始めたライブハウスのバイトで出会います。
  • リハーサルしているバンドをぼーっと見ていたら「あれ?吉岡先輩??」
  • ギタリストRhen!!!!!!!!!!!!
  • ただでさえ大人っぽいのに大学生のメンバーと一緒にいる吉岡先輩は遠い存在やなぁって。
  • 本番中もコッソリ見ちゃう。(仕事しろ)
  • 客席を見ると熱い視線をおくる女の子達がいて人気なんやなぁってなんだか悲しくなる。なんでやろ。
  • ライブ終わり片付けを手伝っていると「あれ?○○ちゃん?」
  • えーーーーー何で名前知ってるの??好きになっちゃうーーー
  • それからは先輩のバンドに合わせてシフト組むし、仕事せずに見ちゃう。目があった気がしてドキドキする。
  • 「今日も見てたやろ??何か恥ずかしいわ。コード間違えそうになったやん(笑)」
  • えーーーー勘違いじゃなかった!!目、合ってた!!!「今日も」って前から気付いてたん?えーーー好きになっちゃうーーー
  • 少しずつ話すようになって同じバンドが好きなことが発覚。一緒にライブに行くことになる。
  • 生まれてきてよかった。お父さん、お母さんありがとう。
  • レザーのパンツで現れる吉岡先輩にノックアウト
  • 「れん~久しぶりじゃん♡」って声をかけてくる綺麗なお姉さん達に圧倒されるわたし。
  • 明らかに元気が無くなった私を見て「姉ちゃんの友達やねん。ごめんな~」って笑うから。
  • お姉ちゃんがいないことを知るのはもっと先のお話。
  • 吉岡先輩からlineで告白されて付き合うことになるけれど見え隠れする嘘に悩みまくる。
  • 大学生になったら何処かへ消えてしまいそうで大学生にならないで~~Part2


楽しくなっちゃって長くなったので残りの4人はまた次回~
あぁ高校2年生になりた~い!!

※ネタバレ有※若手俳優ヲタク出の現関ジュヲタク、ドリステ感想

関西ジャニーズJr.×松竹映画第3弾「関西ジャニーズ Jr.の目指せ♪ドリームステージ!」を見てきました。

好きな子の初出演、初主演映画!!お芝居も良かったし、お顔が天才genius可愛かったし、最後はエモすぎたし、ぐいぐいよしこいっ!ぐいぐいよしこいっ!まだまだたりない!ぐいぐいよしこーいっ!なんですけどそれはひとまず置いといて、若手俳優のヲタクをしてた私から見るドリステの感想を残しておこうと思います。

私の俳優界の推しは劇中で言う優馬くんみたいな感じで、と言っても所属の事務所が大きくて期待と技量を持ち合わせてるので割とエリートコースと言うか(ハイパー盲目モード)因みに現在広瀬すずちゃんを中川大志くんと奪い合ってるんでこの夏の制汗剤はシーブリーズをオススメします。シートタイプね!!それと夏に主演舞台の再演が決まりまして!大阪であるんで!anotherからのNARUTOみたいな!まだまだチケットとれるんでぜひ!エンターテイメント性が高いんで!プロジェクションマッピングを使ったりね!原作を知ってる人なら楽しめると思います!!

と大幅に話がそれましたがしっかりステマした所で本題に戻ります。

私の俳優界の推しは劇中で言う優馬くんみたいな若手俳優さんです。ドリステでは次郎さんからトゲのある言葉を浴びます 笑

「ミュージカル言うても若い女の子がキャーキャー言 うてるやつや(ニュアンス)」

俳優さんとアイドルの境目が無くなってきてることはしばしば挙がるお話で、アイドルだ!という設定の舞台もあったり(私も楽しく見てます)、カーテンコールでキャストが客席に降りてきてハイタッチをしたり(現金な女なのでハイタッチ出来ると嬉しいです)、舞台の延長線としてライブをしたり(さいたまスーパーアリーナを埋めますし、その様子をライブビューイングします)、はっきりと肯定派と否定派に分かれるお話でちょいちょい揉めてるのを見かけます。

私は否定も肯定もしないですが自分の好きな子たちがそういう言われをするのは悔しいです。

そんなちょっとデリケートな問題。次郎さんは完全なる否定派なので次郎さんの言葉はナイフのようで、 言ってることに反論出来なくて、そーだよねって思っちゃうのも辛くって、世論のように聞こえて、あーこの映画見るのしんどいなって。最高に楽しいけど1回 でいいかなって。ぐるぐる不毛なことを考えながら見てたんです。だいごくん可愛いなぁって。

ちょっとモヤモヤしたまま終わるかな~なんて思ってた私を助けてくれたのはたかさんでした。やっぱりね、たかさんだよね、最終助けてくれるのは。

「(舞台上の優子先生は)華やかで元気が貰えてあいつらの言うアイドルみたいやったんです(ニュアンス)」

終盤の優子先生とたかさんのシーンの台詞です。 俳優に対するアイドルみたいって否定的な時に使われる言い方のイメージが強いんです。けどたかさんは「アイドルみたいで素敵だった」ほめ言葉として使ってるんですよ。アイドルみたい=ほめ言葉。たかさんの台詞のお陰で前半の次郎の棘のある言葉もほめ言葉に変わっちゃうんです。(ポジティブすぎる?) 勝手に俳優さん問題にまで反映させちゃって何回見てもこのシーンは泣いてしまいます。こんな所で救われると思ってなかったからびっくりぽんです。

あの2人のシーンって無くても成り立つと言えば成り立つじゃないですか?ラストで実はカリスマでし たー!わー!でも平気と言えば平気じゃないですか、たかさんのフラグがちょっと回収しきれないけども、 、わざわざしっかりとあのシーンがあったのは前半の次郎の言葉に対するフラグ回収も含んでるんじゃないかな~って勝手に思ってます。

前半は正直しんどかったですけどたかさんの言葉が嬉しくて、気持ちよく見れました。だいごくん可愛かった。演技も上手だった。ふーたんぴよぴよ。あと何回見に行けるかな?出来るだけ行きたいな~

アイドルみたいでええじゃないかっ!

ジャニヲタ卒したはずの私が転がり落ちる様に西畑大吾くんのファンになった話

ジャニヲタを卒業したはずの私は今、西畑大吾くんを応援しています。

物心がついたころから綺麗な顔の人が好きでした。初めて買った写真集は小池徹平でした。格好いい俳優さん目当てで日朝はプリキュアではなく特撮を見てました。今も見てます。

そんな私がジャニーズを好きになるのはごく自然な流れで、キラキラの衣装を着て眩しい笑顔で微笑むアイドルたちに夢中でした。
全員が好き~だった私ですがある雑誌で見た藤井流星くんの美しさに射抜かれて流星くんのファンに。流星くんが幸せになれますようにっデビュー出来ますようにっと応援してました。

唐突ですが、私の中に担降りという制度はありません。所謂、掛け持ちというわけでもありません。「この子の応援を辞めて違う子を応援するぞ」と心に決めるのではなく、気がついたら他の子が1番になっていたみたいな。本能のままにヲタクをしているタイプと言うか、自分が見ていて今1番楽しい子を応援するスタイルです。
なのでそれまで1番に応援していた子も優先順位が変わるだけで好きな気持ちも幸せになってほしい気持ちも変わってはいない。そんな感じです。凝り性の飽きやす。ただのミーハーです。

そんなミーハーはまた新しい楽しいを見つけたのです。若手俳優。くそミーハーの私ですがジャンルとしては小学生ぐらいからジャニーズを応援してきたのでこの気持ちの移動は私の中で大きなもので、あぁ私はジャニヲタを卒業したんだ。あの時はそう思っていました。

私が楽しく若手俳優ヲタクをしていたある日、ジャニーズwestを応援していた友人2人に見るように促された少年倶楽部in大阪。まぁ久しぶりに見るか、そんな軽い気持ちで見た少クラでドンガラガッシャーン堕ちていくのです。西畑大吾くんに。

私の記憶の中の大吾くんはAぇ少年で時が止まっていて、細い腕が際立つノースリーブを着て「うぃずゆー!うぃずゆー!」言ってた子の1人で、高地くんに似てて、カブト虫を飼ってるんだっけ?なのに私の目に飛び込んで来たのは沢山の見たことないJr.を引き連れて妖艶に踊る大吾くんで。あの時の頑張って踊るんだよ?!のドキドキとは違う種類のドキドキ。あれ?!可笑しいな??ずっと再生してるよ?????

そこからは友人2人の見事なサポートや、大吾くんの雑誌等々の発言で惹かれるなど転げ落ちるように今、私が見ていて1番楽しくて、幸せになってほしい人は西畑大吾くん、あなたです。

飽きやすな私はずっと1番に応援してるからねっ♥なんて言えないけど今はあなたが1番です。