読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうキミのデビューシングルをTSUTAYAで予約するまで死ねない

ジャニフワ終わるまでに~とか言ってたとのはどこの誰なの?!?!って話ですがまぁあれは置いといて、はてなさんから『次の記事書こうよ!!』とお誘いのメールが何通か届いたので違う記事を書こうと思います。


『もうキミのデビューシングルをTSUTAYAで予約するまで死ねない。』と確信したのは今から数週間前のことです。
ここで言うキミというのは私の推し、西畑大吾くんのことを指します。 

私はずっと悔しかった。悲しかった。

『安定した収入が欲しい。』

2015年9月17日レコメンにゲスト出演きた際にされた「30代になった時どんな自分を想像していますか?」という質問への答えです。
前の2人がデビューを口にしなかった流れだとか、最終的にはデビューを口にしてくれたことだとかは抜きにしてやっぱり「デビューしている!!」と最初にハッキリ言って欲しかった。

その時期は丁度関西が焼け野原だとか言われていたときで当分関西からのデビューは難しいだろうという雰囲気だったのは確かだと思います。
『安定した収入が欲しい。』プラスに考えればデビューして~と考えられるのかもしれませんがその時の私にはそういう意図の発言とは思えなくて、他の媒体でも目標などを聞かれてもデビューとはっきり言っていなかった(私の記憶の範囲では)こともありとても悲しくて、不甲斐なくて。

『デビューする!!』って言えるのは、したいと思っているか、出来そうだと思っている時だと思います。
他の子と比べるなんて何の意味も無いことだと分かっていても「あの子はデビューしたい!!」って言えるのに。言わせてあげられないんだと思うと悔しくて。

『デビューだけが全てじゃない。』
その通りだと思います。特にお芝居のお仕事を多くこなしている大吾くんだからそう思い始めるのも自然な流れなのかもしれません。だけれども、生田くんが、風間くんが、屋良くんが言うのとは訳が違う。大吾くんがそう思い始めるにはまだ早くありませんか?

ジャニーズJr.で有る限りデビューを目指してギラギラしてほしい。悟って欲しくなんか無い。ただのファンのエゴだって分かっていてもそう願いたい。そうあってほしい。

今この時はまだ『デビューだけが全てじゃない』なんて本人にもファンにも言い聞かせてるみたいで、予防線をはってるみたいでイヤだ。


だけど、もしお芝居の仕事を沢山経験して自分のやりたいことがそれだと思ったのならばその時は役者のキミを応援しよう。アイドルのキミが大好きだけれども!!!!!!!!!

なんてずっと思っていました。が、

最近、大吾くんの発言に変化が見られるような。
デビューだとか、これからもアイドルで居続けたい意志だとかを強く発信してくれている気がします。

こんなに嬉しいことはありません!!幸せかよ!!!!

ではなぜそうなったのか。その理由は2つ考えられます。(あくまで私の考える理由です。)

1つ目は関西のトップとしての自覚と自信を得たから。あえて大吾くんを応援している私から言わせて貰います。大吾くんは今、関西ジャニーズJr.の最前線を走っています。上記のレコメンの時期も最前線にいたと思うのですが、立っていた。立たせて貰っていた。と言った方が合う気がします。
主演舞台や映画、0位置で沢山歌って、踊って間違いなく今は最前線を走ってる。その実感が変化に繋がったんじゃないかなと思います。
2つ目は産経新聞で連載が始まった『ごっつええやん!!』から見て取れると思います。
お芝居のお仕事とコンサートを同時期にこなす中でどちらも楽しいと思えたこと。どちらも続けられのはアイドルで、アイドルで居続けるにはデビューすることだと思ってくれたこと。2つとも続けたいと欲張ってくれたこと。

その2つが大きいんじゃないかなと思います。

本当に大きなお芝居の仕事が続いて、なんなら『お芝居で行く!!』と決心しても可笑しくないなか、アイドルで居続けようと決心してくれるなんて。もう応援するしかないでしょ?!?!大好きだよ!!!!!

そんな大吾くんが出演するスペシャルドラマ「五年目のひとり」はTV朝日系で明日11月19日夜9:00から放送です。まさかあの渡辺謙さん主演のドラマをバーター無しで勝ち取ってくるなんて、格好良すぎる。きっと大吾くんにとって特別な大切な作品になるはず。
是非ご覧ください!!!